PS2について(その2)

<メモカブート>
メモカブートはメモカのシステムファイルにPS1のゲームタイトルが登録されていると、バッファオーバーフローが発生し、特定のプログラムが起動できるという、いわばPS2のセキュリティーホールを突いた技(だったと思う)。
 
残念ながら50000番のV10基板以降は対策されているので出来ない。HDDコネクタ兼用のネットワークアダプタに対応したのが30000番(V4基板)以降だから、中古で買うならこれらがベストだろう。(先日私が買ったのは37000番)
 
HDDもメモカブート要らない、ACアダプタでも我慢できるというのなら、薄型の70000番以降でも構わないが、最新の75000番は鉄拳5など比較的新し目のソフトでも動かない場合があるので要注意。
 
話しが大分逸れた。以下、やった内容。
 
一番最初にメモカのシステムファイルを書き換えるときだけ、メモリージャグラーを使用。それ以外では一切使わない。噂どおりの酷い出来だ>USB版ジャグラー
BIDATA-SYSTEMにマルチブート版TITLE.DBとBOOT.ELF(中身はuLaunchELF)とELISA100.FNT(フォントファイル)を入れた。ELFフォルダを作り、マルチブート版TITLE.DBに登録したHDL2種、ExecFTPs、Xploderを入れ、直ブートできるように設定。何もしなければuLaunchELFがブートする仕組み。後日、ELFフォルダにhdld_svrも入れたけど、これはLANダンプ用で使用頻度低いため、uLaunchELFのファイルブラウザで起動する。
なお、メモカに作ったフォルダはicon.sysとアイコンファイルがないとPS2のブラウザで破損ファイルと表示されるので、各種アイコンをツール使って自作した。
 
起動用のPS1ディスクは友達からもらったレイジレーサー(ナムコだなw)。こんなところで役に立つとは。容量もデカくて、R.K.SwapperなどTOCクリアが必要な場合は重宝するが、Xploder使うので関係ない。たまたま手元にあったディスク。
 
メモカは最初に買ったPS2純正と、去年買ったメモリーキングと、先日買ったHORI(中古)の3枚体制。HORIはメモカブート出来ないとか情報があるけど問題無かったし、ヤマダ電機で買えば\1680で買えるのでおすすめ。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。