PS2について(その4)

< HDLで改造コード >
意外かもしれないが、今まで改造コードって一度も使ったことなかった。先月のSEED体験版もISOを直接イジッたので一般的なPARなどの方法(メモリ上でパッチを当てる手法)とは違う。
でもSEEDでR.K.Swapperを使ってみたら、意外と便利だった。「EXステージから開始」というコードで、普通にやってると20分くらい掛けないとたどり着けないEXステージを即開始できるのだから、時間が無いときとか、とても便利だ。
これは使えるようにせねば、という事で色々調べて環境整備。
 
でも、nyとかシャレとかやらない(やれる通信環境ではない・・・)ので、Xploderが手に入らなかった。仕方ないのでエックスターミネーターを新品購入し、DISCからバイナリを抽出してELFを作成した。試行錯誤の結果、uLaunchELFが絡むとコードが効かないのが判明し、XploderおよびHDLを直ブートできるように、TITLE.DBをマルチブート版に変更して見事成功。
これでメモカブート後、NoSwapでコード効かせたHDL使用ができるようになった。改造コード自体もPCでツール(XplCheatEditor2.4)で入力してFTP転送するので、至極ラクチン。
コードは今のところPAR用の暗号コードがそのまま使えてて、復号化する必要はない模様。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。