S端子ケーブル

PS2を買ったときに付いてくるケーブルは、コンポジットケーブル(黄色のRCAプラグ)だ。
 
つまりテレビ側でY/C分離して表示するため、表示品質はテレビ側の分離性能に左右される。
 
PS2に格納されているデータ形式がコンポジットならこの接続も有りだが、元データは分離されている(というかRGBデータ)なのだから、わざわざPS2で混合してテレビで分離するのは、映像的にかなり不利だ。
 
家庭用ゲーム機ではS端子接続以上が必須だと思うのだが、ゲームのウンチクたれる奴にかぎって、接続はコンポジットのまま「XXのゲームは絵が綺麗だ」とか言ってたりするんだよね。可笑しすぎて突っ込む気にもならないけど。
 
で、そのPS2のS端子ケーブルなのだが、ソニー純正のほか色々売られている。
 
しかし、PS2側のAVマルチ端子が12ピンの特殊コネクタであるため、サードパーティ製のものは純正と微妙に形状が違い、接触が悪かったりする。
 
僕の経験では、コネクタの周りが金属で覆われておらず、半面しか覆われていないものは駄目だ。例えばGAMETECH製はコネクタの片方がプラスティック剥き出しになっているうえ、ピンのサイズも違うため、すぐ接触が甘くなる。
 
HORI製とかはコネクタの周りが金属で覆われており、GAMETECH製ほどは悪くないと思うのだが、ピンの太さまで同じかどうか不明だ。心配ならソニー純正を買うのが良いと思う。
 
純正は新品で買うと2000円オーバーだが、中古なら1280円で買えるのでオススメ(@Sofmap)
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。