PS2 HDLの日本語化

HDL-Wikiにアップされているツールを使って日本語化する場合、オフィシャルな最新パッチ(0.7c)を当てられる組み合わせには制限がある。僕が確認した範囲の話しになるが、上手くいった組み合わせは次の2つ。
 
 A : HdlCngV19L+hdlpatch0.7c (HdlCngV19L以降用日本語化設定ファイルが必要)
 B : HDLPatchTool0.45+hdlpatch0.7c
 
それぞれ、次のような特徴があるので、場合によっては使い分けると良いかもしれない。
 
全て日本語化(ひらがな)したい場合
 ・A、BどちらでもOK
 
互換性設定画面は英語表記のままにしたい場合
 ・A = NG(選択自体できない)
 ・B = OK
 
手元のHDLがサイズ2,977,792Byte CRC32 F156CF61のファイルでない場合
 ・A = OK(CRC C02EF708の物で確認)
 ・B = NG(CRCチェックでNGになる)
 
どちらの場合もパッチを2回あてる事になるが、最初は日本語化だけに留めて、ゲーム本体のパッチは最後にまとめてあてるのが良いみたい。
 
なお、HdlCngはV19MでもOK。V19Pの変更点はMDMA0化対応だが、hdlpatchをあてる時点でMDMA0化が解除される(元に戻る)ので注意が必要。
 
MDMA0化はps2packerで圧縮する直前にするのが良いと思う。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。