星の鼓動は愛?

初日に見てきた。
 
でもチネに着いたのが15時くらいで、予定してた16時の回は既に完売。時間までアキバで時間潰す事にして21時の回を予約した。
 
なんかゼータ見に行ってアキバに寄るのが定番になってるような気がするが気にしない。
 
あちこちぶらぶらして飯食ってたりしたら、時間なくなった。やりこむつもりだったSEEDは2回だけやって川崎に戻る。
 
昨年の初夏に始まったゼータ3部作だが、あっという間に第3部がきた感じだ。さらに混沌としてくる後半部分をどうまとめるか楽しみだったし、「誰も知らないラスト」というキャッチコピーも気になる。
 
さぁ、どうなるか。
 
・・・・・・
 
こう来ましたかぁ。まぁ仕方ないよね。
 
TV版のあれだけの情報量をまとめるのは難しいと思ってたし、初代ガンダムとは比べ物ならない時代背景、登場人物すべて複雑だからねぇ。
 
でも、2作目のタイトルを「恋人たち」としたり、本作も「星の鼓動は愛」ですか?恋だの愛だの語るわりには、キリマンジャロのフォウをカットしたり、何を言いたいのかさっぱりわからなくなってしまった。
 
TV版のカミーユは今でいうところの逆切れ少年だが、映画版ではすっかり丸められた性格だし、かといってシャアが主役というわけでもないでしょ? 残念だけど、全てのキャラがボケてしまって、おまけにストーリーもボケてしまって、なんだか分からない作品になってしまったというのが正直な感想。
 
20年間愛し続けたゼータガンダムを、製作者自らに汚されてしまった気分だよ。
 
パンフにある監督の言葉。
 
「自分自身が創ったにもかかわらず、内容のことを忘れる努力をしなければならなかった作品でした」
 
大丈夫ですよ、監督。充分に忘れてますよ。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。