HDL0.8b

久々にHDLのパッチが更新され、今まで手動でバイナリを書き換える必要があったHDDのアクセスモード(MDMA、UDMA)の切り替えが、HDL起動時に選択できるようになった。
 
手持ちのソフトでMDMA0じゃないと動かないのはSC3だが、SC3はメモカバグ付きだったので、MDMA0&SC3専用メモカを作って対応してた。そのSC3を先日中古で買い直したところ、バグ対策版のVer2.00だったので、HDL0.8bを導入すればメモカを1枚節約できると思った。
 
というわけで、HDL環境を久々に更新した。
 
とりあえずhdl_dumb+0.8.3を使い旧SC3を削除。修正版SC3をインストールし直してHDDの準備完了。残り容量が変わらなかったところをみると、削除したパーテーションに入ってくれたみたい。そう信じたい。
HDLはCleanHDLとかいうのがアップローダーに上がってたので、これをベースに試してみる。
 
・・・
 
HDL0.8b起動OK、MDMA0、日本語化ともに問題なし。XPLのコードも当たるかな・・・?
 
あれ?HDL直ブートできない。
 
そっか、MultiBootTITLE.DBに登録したファイル名変えなきゃね。
変えてTITLE.DBをメモカに上書きっと。
 
あれ?メモカブートできない(汗)。
 
PS1ソフト登録するの忘れてるよ。予備のメモカでブートして、再度TITLE.DBを上書き。今度こそ完了。
 
半年ぶりにやると、結構忘れてるなぁ。予備のメモカなかったら、2度とメモカブートできない環境まで追い込まれるところだったよ・・・。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。