iPod shuffle

新年会のビンゴ大会でiPod shuffleが当たった。いや、正確に言うと、ビンゴに「当たらなかった」人たちのジャンケン大会を勝ち抜いて貰ったんだけど。

今まで会社でMacは使ったことあったけど、Apple製品のオーナーになった事は一度も無かったし、なるつもりもなかった。でも所有してから改めてまじまじと眺めると、工業製品としての作り込みの良さ、センスはSONYに通じるものがあると思ったね。Apple好きな人にSONYと一緒にするな!と怒られそうだが、本当に良く出来てる。

パッケージにはインストールCDすら入ってなくて、簡単な使い方マニュアルだけ。iTunesや詳細マニュアルは全てダウンロードが必要だ。仕方なく35MBのiTunesをダウンロードしてセットアップ完了。

果たして音質はどれほどのものか?

とりあえずAACの128kbpsとMP3の160kbpsのファイルを作って視聴開始。イヤフォンはSONYのMDR-E931SP(オープンエア)とPanaのRP-HJE50(カナル)を用意した。付属イヤフォンは開封もせず封印。。。

もっと寸づまりの音だと思っていたのだが、思いのほかマトモだった。細かいことを言うとサ行の歪み感というか、高域の伸び不足というか、少し嫌らしいところはあるけれど。結論としては音は手持ちのMuVoと比べるのはあまりにも酷。でも、音質を差し引いてもこのクリップ感覚で使える小ささは評価に値するし、決して否定はしない。

AACとMP3ではMP3の方が自然で好印象だった。AACはどうにも圧縮臭い。また、レートを変えたのはiTunesのマニュアルに「同じ音質レベル」と書いてあったからで、MP3を擁護するためではない。今度暇なときにでも普段使ってるLAMEでエンコードして再評価してみよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。