DVI切替器

CPU切替器は約1年前にVGA用を導入したら、手放せない存在になっていた。

CRTから液晶へ変更するにあたって、液晶はDVI入力とVGAの2入力仕様であるものの、初めからVGAは使うつもりは全くなかった。自分の中ではDVIの切替器の購入は、もはや必要経費として計上されていたのだ。

今回購入したのはRATOCのREX-220CXDというやつで、ムラウチの通販で\7,150だった。送料入れても\7,548で、初めてムラウチ通販で買ったみたけど注文の翌日には届いてた。結構早い。

仕様上はUXGA(1600*1200)が上限で、WSXGA+(1680×1050)は明確にサポートはされていない。でも、画素数から考えてUXGA以下なので大丈夫だろうと踏んで購入した。実際、1週間ほど使っているけど、不都合は何も生じていない。物によっては選択してない状態でPC起動すると設定していた解像度で立ち上がらない物もあるらしいが、この製品はそんな事はなく、ちゃんとWSXGA+で立ち上がる。DVIにしては安いし良い製品だと思う。オススメです。

ちなみにVGA接続も試してみたけど、色は変だし滲みもあるしで自分には耐えられなかった。Xbox360のVGA接続専用にしようかと思ったけれど、16:9入力に対してはアスペクト比固定しない仕様らしく、少し縦長に表示される。これはPC用のワイドは16:10、TV用は16:9と違う事からくる弊害だ。三菱が16:9に対しても固定してくれれば問題ないのだけど、残念な仕様になっている。

液晶モニタの続き

会社の後輩から借りたGeForce7600GS(玄人志向GF7600GS-E256H/HS)で試してみたら、DVI接続でも正常に表示された。やれやれ。

「とりあえず初期不良じゃない事がわかってひと安心だよ」

みたいなことを話したら、じゃぁRADEONで試しますか?みたいな事を言ってくれたので、ありがたく再び借りてみた。
ついでにウチのX850PROを渡して後輩の液晶で試してもらう事に。借りたのはX850XT(GeCube GC-X850XT-VIVO)という2スロット占有するずいぶん豪快なヤツ。これも正常に表示された。

・・・どうやらウチのカードが2枚とも大当たりらしい。

確かに今年は新年会でiPod当たったり、ネトゲの日韓戦に当選したり、当たりまくってるけれど、何もこんなところで当たらなくても・・・。

借りたRADEONもウチの2枚と同じGeCube製なのだが、XTだからサブ電源供給が出来るタイプだった。ウチのX800GTOとX850PROは玄人志向に卸されてるサブ電源が省略されているタイプなので、この辺に何かあるのかねぇ?

でも、後輩宅の液晶ではこのX850PROもDVIでBIOS表示できたらしいので、この三菱モニタのDVI入力が厳しいんだろうな。

念のためにマザー(ASUS P5GD1、MSI P965Neo-F)との相性も疑って、X800GTOとX850PROを入れ替えてみたけど症状変わらなかった。850の方が「VGAを繋いでないとDVI表示しない」というのが気になるけれど、実用上は問題無いのでしばらくこのまま使うことにしよう。

液晶モニタ購入したが・・・

先日、プログレTVを手に入れたので、アナログ放送停波まで(?)はブラウン管と過ごす事を心に決めた私。

2週間ほど様子を見てたけど、問題なさそうなので先週の土日あたりに本設置をしようかと思っていたのだが、液晶モニタの掘り出し物に遭遇してしまい思わず購入。

本当はCRTが壊れたら買おうと思っていたのだが、狙ってた価格帯の製品が軒並みTN化していくのに危機感を感じてたのと、相場よりかなり安く買えたので。

買ったのは三菱のRDT201WVというLGのIPSパネルを使った20インチのワイドモニタ。価格.comでの最安値は\56,700みたいだが、買った値段は\41,000。(もちろん新品)

LGのIPSは「ギラギラ」とか「ツブツブ」とかあまり良い評判は聞かないけど、「ギラギラ」についてはブライトネス調整で許容範囲に調整可能だが、「ツブツブ」は確かに若干気になる。IPSの構造上仕方ないとも思うけど。

基本的に広い作業スペースに満足してるのだが、問題が無いわけではなかった。

手持ちのビデオカードでDVI接続するとBIOS画面が表示されない(+DOS画面も)

使ってるカードはX800GTOとX850PROで、どちらも玄人志向の製品(OEM元はGeCube)。苦労と思考とはよく言ったものだ。

ぐぐってみると、ATI系のボードではDVI接続のときに起こるらしく、原因はカードのDVI出力が規格外か、モニタのDVI入力が規格に対して厳しすぎるかのどちらからしい。

X1650とか現行モデルと三菱の他のモデルでも発生しているらしいが、根本的な解決方法があるわけもなく、いわゆるPC界でいうところの「相性」で片付けられている模様。。。

まあ、VGA接続すればBIOS画面も見れるので、実用上問題ないと言えば問題ないのだが、BIOSいじくり回しているときはデメリット以外の何物でもない。

それよりも今気にしてるのは、このモニタが初期不良の可能性が否定できない点。Windowsが立ち上がってしまえば、WSXGA+(1680×1050)で問題なく表示されるから良いのだけど気になる。とりあえず会社の後輩に相談して、余ってるらしいGeForceを借りてみることにしたけれど、どうなる事やら。。。

プログレTV(その2)

届いたものの、正常動作を確認できるまで本設置できないので、ふだん使わない居間の21インチTVを退けて仮設置。

28インチでも結構重い。一人で持てる限界だ。色合わせしたり、歪み直したりして仮調整終了。ついでにかなりオーバースキャンだったので軽めに修正した。

DRCは良質なソースはそこそこ見せる絵になるが、駄目なソースはとことこん駄目。DX550は地上波にGRTがないので、地上波はグタグタになりがちだが、BSは少しマシになる。それでも違和感アリアリだけどね。

とりあえず仮設置だけど、あとで簡単にインプレする予定。

プログレTV

360を買ってから、V圧縮でゲームをする機会が増えたものの、25インチではやっぱり小さいし、HD対応がもったいない。薄型TVへ本格的に移行するにあたって、個人的にネックになってるのは、
 ・見る番組が殆ど4:3放送であること
 ・VSシリーズのPS2ゲームをSDのAVマルチ入力(SONY KV-25DA1)でやってること
なのだが、この環境をなるべく壊さずにハイデフ環境へ移行したいと考えていた。

360購入以来色々調べてきたが、次の3つに絞られた。

 ①PC用の24インチHDモニタを買って、とりあえずハイデフ。TVは今まで通りSDで見る。
 ②32インチの液晶TVを買う。とりあえず地上波はデジタルになるので、アナログ波プログレッシブよりはマシ?
 ③28インチのHDブラウン管TVを買う。手持ちの地デジレコーダー(RD-T1)をチューナー代わりに使う。

①はアイオーのLCD-TV241X(先日X2リリース)、三菱RDT261WH、BenQ FP241W(WZリリース近し)の3択だが、PCのモニタとしては大きすぎ、TVゲーム用としてはちと小さい。BenQ以外は実機をみたけど心動かされず。

②は店頭で見るたびにがっかり。かなり覚悟して買うつもりで比較視聴し、店員も掴まえてあーだこーだ話したけれど妥協点に至らず。静止画解像度以外、根本的に駄目な評価は変わらず。。。プラズマは消費電力の関係でウチでは駄目なのよ。焼き付きもイヤだし。

なので残された③でHDブラウン管を探すが、普通の店にはSDブラウン管が細々と売ってるのみで、HDブラウン管は既に絶滅状態。ハードオフとかリサイクルショップとかも探したけど、ちょうど欲しい28インチが見つからない。

結局、リスク上等でヤフオクへ突貫した。

「プログレッシブ回路で選べば東芝」というのが僕の持論なので、東芝のZP系もかなり物色したけど、スピーカーが貧弱だという話しと個体不良が多い報告が気になる。(実際に知人2人が交換した)
SONYはDRCが好みに合わないものの、コンポネ入力ならDRCスルーできるし、HDブラウン管でAVマルチのRGB入力がどう映るのか興味ある。

ということで、SONYのKV-28DX550を落札してみた。2万ちょいなので相場価格。実際、会社の後輩がハードオフで同じ550を買ったら2万5千円だったらしい。

(たぶん続く)