サマーウォーズ

土曜日に今夏のアニメ映画として期待していたサマーウォーズを見てきた。ブックレットが欲しかったから事前に平塚まで行って買った前売りチケットを持っていたにも関わらず、THXシアターのど真ん中で見たかったので海老名でネット予約して見てきた。初日が月初めで1000円だったというのもあるけど。

1000円が効いてるのか、前日までの日テレの集中告知が効いてるのか19時の回はほぼ満席状態。

日テレ製作という事で普段日テレ見てる人にはそれなりの知名度だろうけど、それ以外には微妙な作品である事を考えるとかなりの入り具合。時をかける少女(のリメイクアニメ)の監督作と言っても、アニメのときかけ自体を知らない人も多いだろうし。

映像は、TSUTAYAで借りた冒頭9分のレンタルDVDを見たとき、HDにしては少し甘い画質だと思ってたけど、劇場でもその感じは拭えず。先々月見たエヴァ破が綺麗すぎたから余計目立つ感じ。

ストーリーは、9分レンタルとか告知ムービーを見てたので、おおよそ期待を裏切らない展開。最近、何かと疲れているので少し癒される映画を見たかったという事もある。ありきたりな薄っぺらい表現で申し訳ないが、夏の映画としてとても良かったと思う。遅延を嫌がってHDブラウン管を用意させたり、分かる人にはニヤリとさせる展開もあった。

まぁ、あえて苦言を言わせてもらえば、金に物を言わせて日テレがアニメ界の良い所だけ搾取してるような気がするが、こんな時代にこのような映画を見せてくれた事には感謝しなければ。