京アニ&Doファン感謝イベント CTFK2013

いつもの夜行バスで現地入り。今年は結構使ってるので5%引きで地味に嬉しかったりする。20分ほど早着だったが、八条口のなか卯に朝食食べに行ったら満席だったので、仕方なく西へ少し歩いて吉野家で鮭朝定食を食べたりしてたら、東山へ着いたのは8時ちょい前になってしまった。駅を降りて平安神宮の参道を歩きながら会場のみやこめっせへ向かう。お堀のところまで来て、京まふのように列が形成されてないのを確認して一安心して会場入り。
20131130a 20131130b
入場列は3Fのホール前に3列を折り返して作っていて、自分が到着した時点で折り返し中ほどだった。この寒空の中。外で待たなくて済むだけ有難い。開場まで本読んだりしながら過ごす。9時過ぎてから当日券購入組みを3Fに入れ始める。10時の開場アナウンスに拍手が起こる。Free!キャラデザの西谷さんのサイン会用色紙販売はすぐに完売してた。物販は中二と境界のグッズセットが先行販売であるだけで、他は全て既販商品だった。物販コーナーの入口は先行のみと先行と既販グッズの2つに分かれていたので、自分は先行に並んだが殆ど待つ事なく購入できた。今日の初回イベントは監督対談が11時からだが、まだ時間あるので展示を見て廻る。原画コーナーでは版権絵の原画など用紙サイズもバラバラで、境界の彼方のキービジュアルの版権絵がかなり小さいのには驚いた。また、キャラが集合してるような絵は各キャラバラバラで書いて、トレスしてからPCで合成してるのが分かったり、見所の多い展示内容だった。物販がかなりやばくて展示会場まで延びてきて、オイオイそれは無理でしょ?って思ってたら、案の定一時物販は中止するとのアナウンスが。3台しかレジ用意してないのはさすがに少なすぎ。

脚本はショーケースに展示されていて、たまこの脚本は11冊展示されてた。残りの1冊は?10話(みどりの部屋での「デラちゃん踊ってる」のカット)と12話(最終カット)は見開きになって展示されていた。12話は台本に修正が入っていて、印刷されてた台詞は除夜の鐘に気づいたたまこ、みどり、かんな、史織4人での「あけましておめでとう」だった。入口付近に展示してあった等身大パネル類とキービジュアルの特大パネルが今回唯一の撮影OKコーナーなのでとりあえず撮影。

20131130c 20131130d

11時前になったので監督対談を見にイベントコーナーに戻ると既に立ち見で一杯だった。出演者のマイク音量が小さい。11時半から中二イベントの入場が始まるので、その会場アナウンスが流れるたびに、何言ってるんだか聞き取りづらい状態。基本、最初の30分くらいは監督対談というよりも監督雑談って感じだったが、30分過ぎてからスペシャルゲストの堀口さん登壇。当然話しの流れはたまこ新作の流れに。監督はTV版ではたまこの周りの人を描いたので、新作ではたまこを描きたいと言っていた。楽しみだ。たまこのアホ毛が増えるとか減るとか話しているうち、新作ではキャラ設定はどうなるか堀口さんに話しが振られると事件発生。うっかり口を滑らせて「映画版では・・・」と言ってしまい、凍りつく会場。でも全員ギアスを掛けられて忘れる事になったので覚えてませんw 4人の終わりの挨拶を聞いてから、境界のイベント会場へ移動。

境界の彼方のイベント内容は、
・ふゆかいラジオの公開録音(ゲストはKENN、鈴木達央、茅原実里)
・生ドラマ(メガネを舐める妖夢の話)
・石立監督登場し、セレクトした場面を見ながらこれまでの話の振り返り。来週放送する10話でこれまでの伏線は全て回収するとのこと。
・男子トーク、というか男性キャストによるリリースやイベントの情報コーナー。3月のイベントは6話のダンスを再現する模様。女性陣は乗り気らしいが、男性陣は及び腰。まぁ、やるんだろな。
・茅原実里ライブ、と言ってもOP曲「境界の彼方」1曲だけ。会場のノリがかなり悪い。
で13時半終了。

まだ物販列並んでいるが列は階段に逃がすようになっていた。展示会場に再入場して、人が少なくなっていたのでパラパラ原画コーナーへ。9話のチョイちゃん踊りがあった。本物のコンテが丸々置いてあって(コンテ自体はコピーだが、決定稿のハンコの日付記入欄にボールペンで手書き、ってところから現場で使用した本物かと)、たまこは1話と12話を見た。9話もあったらしいが残念ながら自分は見れなかった。12話はコンテの段階では展示してあった台本の製本通りの内容だった。台本の修正具合から見てアフレコ中に修正が入ったのだろう。イベントコーナーでは西谷さんのサイン会をやっていた。

14時半からの中二イベントの入場開始。展示会場にいても混み混みで座るところなど無いので15分前くらいに会場へ移動する事に。ゴスロリちっくな衣装の4人娘と福山潤登場。挨拶もそこそこに、まずは1話を見てもらいましょうということで1話上映開始。OPは一期のディレクターズカット版、EDは映画版Liteの謝肉祭だった。どちらも制作が間に合ってないのか?クイズや中二バトルの後、ZAQ登場してSparkling Daydream、Liteの2曲を歌い、2期OPのVOICEで〆。曲調からして2期のOPはシリアスな感じになるのかな。境界のイベントとは打って変わってこっちのライブはノリノリだった。客層が違うのか。石原監督登場して2期のタイトルが「中二病でも恋がしたい!戀」である事を発表。”恋”の旧字体で「れん」と読む事。複雑な感じでかっこいいとか監督自ら中二チックな解説を披露。2期のストーリーとしては、七宮をうざいキャラにはしたくないとか、各キャラ回もあるとか。くみん回・・・、夢落ちでなければ良いが。

中二イベント終わった時点で16時半を過ぎていて展示会場への再入場が出来なかったので、池田和美、門脇未来のキャデザ対談が聞けなかったのが残念。アンケートだけ記入して会場を後にした。イベントとしての満足度はかなり高い。アニメーション会社一社だけであれだけの集客力があるのは、さすが京アニといった感じ。自分は直接の被害者ではないが、物販で10時前に並んで12時過ぎになっても買え無かった人とかいるらしいところを見ると、物販はかなり問題アリだと思うが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。