ローソンまどかクリアファイル到着

秋口にローソンに応募してたクリアファイルが届いてた。折り曲げ厳禁と書いてあるのをガン無視した折り曲げた状態のクロネコクオリティで。ファイルに折り目ついてたら、どう対応してやろうかと開封してみたら、残念?ながら折り目は付いてなかった。でも若干曲がり癖がついていたので、一晩リモコンを載せて矯正完了。三ツ矢サイダー缶に使われてた絵柄の再利用だが、まどか版権絵のなかでも気に入っている物。

2014-0301-231055093

広告

モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE-亜空の深淵-

公開一週間前まで劇場で前売りチケットを売っておらず、ファミマ専売だったこの映画。そのファミマも特典のクリアファイル3枚付を選ぶと+1000円という事で、これは売れないなと思ってたら、公開一週間前になってようやく劇場で前売りチケットを売り始めた。でも、さすがに遅すぎたのかT・ジョイ系列しか売っていない。作品自体はとても良いのに、売り方間違って損している良い例だ。仕方ないので昨日会社帰りに前売り券のみ購入しておいた。特典無しで1500円。劇場側もシビアに対応していて初日だというのに海老名は3回上映のみでレイトなし。近年のアニメ映画ではありえない対応だ。まぁ、海老名は元々スケジュールがアレなのだけど、それを差し引いても酷い扱いだ。15時からの初日3回目の上映を鑑賞。

内容はTV版の後日談。高3になった茉莉香は父の知り合いだった亜空間ダイパーの息子である新キャラ無限彼方と海賊営業中に出会うというストーリー。宇宙物では定評のある佐藤竜雄監督作品だけあり、安心して最後まで楽しめた。パンフレットの監督インタビューによると、TV版最終回の作業中にプロデューサーから続編やるなら2期と映画どっちが良いかと聞かれ、映画と即答したらしい。客の入りもまずまずで、3回上映という事で圧縮してる分もあるだろうが7割くらいは埋まってたかな。

モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE-亜空の深淵-

特典のポストカードはグリュンヒルデと茉莉香

2014-0301-231657624

たまこ京アニショップ!限定前売券

C85で先行販売してたたまこの資料集だが、ようやく一般販売が始まった。1/17にも売ってたようだがC85での残りを売っただけだったのか瞬殺だった。たまこ関連の本としては小説に続いて2冊めというのも寂しい限りだが、資料集発売は半ば諦めていただけにとても嬉しい。早速注文。

同時に劇場版の京アニショップ限定版前売り券も発売開始。資料集の発売をたまこファンが京アニショップを訪れるこのタイミングを狙ってたのかと疑いたくなるほどベストタイミングだ。特典はたまことあんこのラバストであんこはセーラー服着てる。こちらも注文。

前売りあと1回来るかな?あるとしたら公開1ヶ月前の3月中~下旬くらいかな。

Media Control for OPPO

OPPOが公式のDMCをリリースしてたので試してみたところ、予想を上回る出来の良さだった。DMS、DMR、DMCの3BOX構成でまともに動き、操作性やレスポンスで満足できる構成は初めてだ。今回試した構成は下記の通り。今日はビデオしか試してないので、次はオーディオ関連を試してみよう。

DMC: SO-04D

DMR: BDP-103JP

DMS: PC(Windows7、WindowsHomeServer)

戦場の絆アップデート

2/26のRev.3.26へのアップデートで年末年始の先行支給機体だった、「ジム・スナイパーII(シャドウズ)」と「ドム・バラッジ」が正式支給される。年末年始は家の事情で絆がプレイできなかったので、初めて先行支給機体を逃すという経験をしたのだが、思いのほか早い時期に正式支給になって良かった。まぁ、年末に絆プレイできる時間があったとしても、30勝という支給条件を満たせるほど、プレイを続けられてたかどうか、今の絆事情から考えると甚だ疑問だが。

今回の支給条件は60勝利ポイント。全国対戦1勝で2ポイント、CPU戦1勝もしくは1プレイで0勝で1ポイント獲得できる。昔に比べて0勝でもポイント獲得できるのは良いが、先行支給のときの勝利数がポイントに還元されないのは相変わらず渋いな。まぁ、だからこそ先行期間に必死こいてプレイする事になるわけだが。最速で15プレイ、最遅で60プレイか。最近、勲章の日しかプレイしてないので獲得できるのは何時になる事やら。

たまこ劇場版前売り(バレンタインもち蔵SP)

14日から16日まで3日間限定で前売り特典のクリアファイルにもち蔵が加わる。既存のランダム2種と混ぜてのランダム特典とかだったら酷すぎるが、さすがにランダムではなかった。購入するために一番近場な橋本のMOVIXへ。乗り換えの手間や時間等を考慮すると新宿でもさほど変わらないのだが、本番?の上映ではおそらく会社帰りに数回は行く事になるであろう橋本を下見する事も目的だったので、雪降る中出掛けてきた。もち蔵ファイル付とノーマル(ランダム)を1枚ずつ購入したが、またかんなだった。もうここまで来ると意図的に偏りを持たせてるのかと勘繰りたくなる。

2014-0214-112952544 2014-0214-115700905

帰りに海老名でエージェント:ライアンを鑑賞。東宝の日(14日)なので1000円。ボーンシリーズのノリを期待して楽しみにしてたのだが、見終わってみたら平凡な出来だった。悪くは無いけれど、一つ一つのネタが小振りというかそんな感じだった。

2014-0214-161803367 2014-0214-184514933

TIGER&BUNNY -Rising-

タイバニも最速上映をやっていたのだが、海老名での上映は金曜深夜1時半(25時半)と何を考えているのか理解できないスケジュールだったので見送り。土曜の午前中は舞台挨拶のライブビューイングで通常の前売り券では鑑賞できず。午後は大雪で都内へ移動する事を優先して見に行けず。六本木でのイベントの時間待ちの間に新宿ピカデリーで見ても良かったのだが、TOHOのマイルが貯まらないので我慢。週末になると1番スクリーン(海老名で一番大きいスクリーン)から外れる事もあり、会社帰りに見てきた。前作はTVのリファインだったが、今作は完全新作なので期待してたのだが内容は可もなく不可もなく。TVシリーズ終了から早すぎて内容崩壊するよりはマシだが、あまり時間を空けすぎるのも良くないとも思う。中村悠一演じる新ヒーローの演出はうまく溶け込んでたと思うが。

TIGER&BUNNY -Rising-

それにしても海老名の最速上映、25時半開始だと最速になってない上に中途半端すぎる。4時半過ぎ終了でしばらくして動き出す始発電車で帰宅してもらおうという意図だったのかどうか分からないが、予約状況は散々だった模様。自分がスケジュール担当だったら、24時開始で26時半開始をもう一本入れて、宿代わりに2回目を見て貰う事を期待するけどな。実際、まどかの最速のときの新宿では複数回上映してたしね。

境界の彼方イベント当選

3月のイベントはBD1巻の特典で先行抽選だったのだが、運良く当選したので早速購入の手続きを行った。昨年のCTFKの様子から多くの女性陣の応募があると予想され、外れたら一般販売に賭けるしかないかと思ってたのだが当選できて本当に良かった。同じ土日開催のアニメジャパンはどうしようかな。抽選権付のチケットは今週末までの販売だけど。

有頂天祭 ’14

カプセルホテルに泊まるのは学生のとき以来なので、どういうシステムだったのか忘れていたのだが、今回泊まった所は、カプセル以外にも専用の鍵付ロッカーが割り当てられていて風呂に入るときは使えるようになっていた。ロッカーに入る荷物なら置けるし便利だ。夜遅く入って止まるだけならカプセルもアリだと思った。翌日の行動を検討したり、何かしようとすると駄目だけど。カプセル内にはコンセントも無いので充電もできないし。泊まった所はJRの線路を挟んでアメ横のすぐ隣だった。上野公園付近を散策してから早めに松戸へ移動。雪は止んで晴れているとは言え、鉄道ダイヤはまだ乱れたままだったので。

2014-0209-091342641 2014-0209-100922152

2014-0209-103731721 2014-0209-113048806

BD4巻特典のイベントチケット特別優先申込券で手に入れたチケットだったが、昼、夜の2部構成だったせいなのか、都内でなく松戸だったせいなのか、真相は不明だが当日券も出てた模様。9割5分くらいは女性だったかも。昼の部は座談会、夜の部は第十三話生コメンタリーと一部構成が違ったが、座談会はアニメイトの全巻購入特典CDに収録される予定だが、Amazonで購入している自分には今後聞ける予定なし。生コメンタリは7巻購入で聞ける予定なので、昼の部をチケットを購入してた。今回のイベントのために書き下ろされた生朗読劇はとても面白かったけど、映像化する予定が無いとの事で残念だ。

2014-0209-121457188 2014-0209-132917800

おねがいティーチャー/ツインズ特別編上映@六本木

雪による交通機関大荒れの中、六本木TOHOシネマズへ。ところが小田急線が町田まで移動したところで止まってしまい、横浜線で長津田へ出て田園都市線で渋谷へ抜けるルートへ変更。普段1時間弱で行ける新宿までを3時間掛かってしまった。そのため中野のポタ研にも間に合わず、同じく中野で開催されてた有頂天家族展も行くのをキャンセルした。ピカデリーでたまこの前売りを購入したものの、クリアファイルはまたかんなだった。ヨドバシ行ったりして時間調整してから大江戸線で六本木へ。地下鉄は私鉄と乗り入れしてる路線はダイヤが乱れてたが、大江戸線は単独運行なので平常運転だった。

イベントはツインズトークショー、おねティ特別編上映、おねティトークショー、ツインズ特別編上映という変則な順番で進行。本当はトークショーを最後にする予定だったらしいが、最後まで見てると電車が不安なので順番を変えたものの、上映順は変えられなかったらしい。上映後、カプセルホテルを予約してた御徒町へ移動。翌日松戸へ有頂天家族のイベントへ行くため、荒天を予測して昨晩予約していた。日比谷線一本で行けるので雪も関係なく正解だった。

2014-0208-202019044 2014-0208-203222798