カラオケJOYSOUNDコラボ@たまこラブストーリー

映画公開週には始まっていたカラオケJOYSOUNDとたまこラブストーリーのコラボであるが、6/30(月)に終了という事で行ってきた。ARISEを観たあと、そのまま海老名で行ったのは良かったが、機種指定をするのを忘れてたらDAMの部屋に案内されてしまい、仕方ないので既存のたまこ関連の曲をチェックした。プリンシプル、こいのうた(たまこver.)、キャラソン6曲、OP&EDと曲数は文句無しだが、映像は普通のカラオケ映像だった。

2014-0629-130054889 2014-0629-130438817 2014-0629-132042762 2014-0629-132353870

一旦帰宅して別件で小田原へ行く用事があったので、そのついでに寄ってみた。今度こそ機種指定忘れないようにと身構えていたら、店員さんから「お望みの機種はありますか?」と聞いてきたので間髪入れずに「JOYSOUND F1」でと言った。ずいぶんなカラオケ通に見えた事だろう。で、JOYSOUNDの方はキャラソン無しの4曲だったが、映像は待望のコラボ映像。でも、よく見ると延々と本予告をエンドレス再生しているだけなのであまり芸がない。面白みという点ではDAMの方がよいかも。曲も多かったし。

2014-0629-211337853 2014-0629-2123516682014-0629-211403130 2014-0629-211934190

攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears

入場者特典の小冊子が配布されてるようだったので日曜の朝イチを見てきた。今回からトグサ登場。次回から仲間に入りそうな雰囲気。次回と言ってもそのborder:4で終了らしいけど。公開は9月との事なのであっという間だ。内容は、冒頭のテロリストの雑魚を連携で瞬殺する所など、観客をグッと掴む演出はよかったが、その後の展開が少しだるかったか。素子の男は、その登場の仕方からして明らかに今回の事件のキー人物だと丸分かりだったし。

2014-0629-102133973 2014-0629-114933773

ポタフェス 2014

日本橋の東宝シネマズから神田駅へ移動。新日本橋から地上へ出たがあいにくの小雨模様。ガード下でインド人経営っぽい店でランチした後、神田から快速運転で通過していく京浜東北線と横目に、一駅だけ山手線に乗って秋葉原へ移動した。ポタフェスの会場はベルサール秋葉原。旧三菱銀行の跡地にできたイベントスペースだ。青山や中野でのヘッドフォン祭りと違って、たまたま秋葉原に居合わせた人も参加できるという点では、客層は若干”薄い”のかもしれない。地下でやってたイベントもアキバを反映した選曲だったような気もするし。3フロア構成と言っても、実質的な出展スペースは2Fだけなので、ヘッドフォン祭りと比べると展示規模は1/2~1/3くらいか。その代わり展示スペースのあちこちで物販しているイメージが強かった。ONKYOのスペースでDAC-HA200(TEAC HA-P50のオペアンプ違いVer.)のAndroid接続仕様について、担当者に聞いても明確な答えが返ってこない。最近、この手の展示で細かいところを全然答えられない担当者多くて困る。もう分からないなら来なくていいよ、って感じ。期待するだけ疲れてしまう。

2014-0628-132432363 2014-0628-142821676

2014-0628-143518425 2014-0628-143858874

トランセンデンス@Dolby ATMOS初体験

昨年から劇場への導入が始まったDolby ATMOSであるが、近場に導入劇場がない事からなかなか体験する機会に恵まれなかったが、今回、ポタフェスで秋葉原に行く事になったので、ついでに日本橋で「聞いてみよう」という事になり行ってきた。どの劇場も大抵1スクリーンだけの導入であり、日本橋のTOHOシネマズもスクリーン8だけに導入されている。しかもTOHOは新規の劇場にはTCXという通常よりも大きめのスクリーンを導入しており、このスクリーン8もTCXであるため、割り増し料金はATMOSで+100円、TCXで+100円となる。まぁ今回はプレミアシートで見ようという事になったのであまり関係ないのだけど。なのでトランセンデンスを見たくて見に行ったというよりも、ATMOS聞きに行った劇場がトランセンデンス上映中だったという感じ。
映画の内容は科学者の脳をコンピュータにインストールしたら?というキーワードをもとに、人工知能(AI)が過度に進化したらどうなるか?を語りつつ、夫婦間のかけがえないのない愛情を描いた作品。サウンド的にATMOSを活かしたとはお世辞にもいえず、一番ATMOSを体感できたのは、映画冒頭のDolbyのデモサウンドというよくありがちな展開。前評判から言えば、先行上映してたオールニードキルズユーの方がサウンドデザイン的にもATMOS向きだったと思うが、こちらは正式公開の来週に割りあてられる可能性があり(ディズニーのマレフィセントかもしれないが)、同じATMOSネイティブなトランセンデンスを今週割り当てたのかもしれない。

トランセンデンス

ドルビーアトモス採用映画

2014-0628-094155535 2014-0628-095354903

たまこラブストーリー 9週目@小山

公開から9週目。都心での上映は新宿の角川シネマと八王子のみとなったたまこラブストーリーであるが、今週は小山で上映開始ということで行ってきた。先週は加茂荘に行ったので2週間ぶりの鑑賞だ。宇都宮方面も今は新宿から湘南新宿ラインの直通で行けるので凄く楽。小山は東北新幹線の停車駅で国道4号と50号が交差してたりと交通の要所だというのが個人的認識だったが、街並みはいたって普通の地方都市だ。劇場である小山シネマロブレ5は西口左手のいずみやという駅ビルの7Fに入っており、1Fと地下はドンキだった。

小山駅西口、シネマロブレ5入口
2014-0621-094012454 2014-0621-095204916

7Fのフロアへ移動して前売りを当日券に交換しようとしたら、モーニングショー(当日の初回上映)は1300円とのこと。このようなサービスをやっているところは結構あるが土日でもやっているのは珍しい。というかHPで確認すると土日は8時台からの作品て書いてあるんですが。悩んだけど前売りでチケット購入したら、席を指定してないまま発券。不思議に思ってたら全席自由席で好きなところに座ってくださいとの事。本厚木のミロードに映画館があった頃は自由席だったのを思い出した。

チラシがパウチしてファイルしてあるのは珍しい。レイト含めて4回上映。セカンドランにしては多め。
2014-0621-095529059 2014-0621-095219245

施設は結構古め。フロアは前方に緩やかな傾斜のほぼ平面のため、スクリーンが高い位置にセットしてある。さすがにプロジェクタはデジタルだったが、側面や天井が明るい薄緑色の壁で、それを補うためかスクリーンがビーズ仕様でまだら模様が気になったり、正面中央で継ぎ足してあるのでホワイトバックでは縦線が目立ったり。一番酷かったのは音声がほぼ左chからしか出てない事。上映前の予告からこの状態だったらクレーム入れたところだったが、本編だけこの有様だった。さすがにこれは頂けない。お金払っているお客はもちろん、作品を作っているクリエイターの方々にも大変失礼だ。でも上映後、係の人がかなり年配の人だったので、クレーム入れても説明するのが疲れそうだったので止めた。1000円で鑑賞できるクーポン券ももらったが、あのコンディションでの2度目の鑑賞は辛い。近場の、といっても駅から15分くらいは歩くゲーセンに行って絆を1プレイだけして帰ってきた。

使わなかったクーポン券と、ポップコーン入りポップコーンセットって何w
2014-0621-100314830 2014-0621-114832307

劇場と同じフロアで食べた昼食のミニソースカツ丼セット。本当にブルドックソースが掛かっているだけだった。
国道50号付近にあるアピナ小山店。インカム設置無しだったのに誰も乗らなかったのでタンク乗ったら酷いめにw
2014-0621-124049564 2014-0621-134253169

 

インサイド・ルーウィン・デイヴィス

2013年のカンヌ国際のグランプリ作品なわけだが、日本での反応はイマイチで上映数も少ない。実際見てみないと分からないので見てきたのだが、良く分からなかった。この感性の違いが日本人と外国人の違いなのか?そんな思いを抱いてしまう映画であった。ちなみにカンヌのグランプリとは審査員特別賞的な位置づけであり、最高位は「パルム・ドール」と言う。フランス人の考える事はよくわからん。

公式サイトによると「ボブ・ディランが憧れた伝説のフォーク・シンガー、デイヴ・ヴァン・ロンクの回想録をベースにコーエン兄弟が脚色」とあり、副題でもある「名もなき男の歌」の通り、歌は最高に良かった。(フォーク大好き)

インサイド・ルーウィン・デイヴィス

加茂荘へ行ってきた@氷菓巡礼

昨年夏、氷菓の舞台である高山を訪れて以来、いつかは行こうと思っていた掛川の加茂荘にようやく行ってきた。ここはヒロインのえるの自宅である千反田邸のモデルである。ちょうど時期的に花菖蒲の最盛期で、今年から?ライトアップをしているという事もあり、せっかくなら見てみようという事なり夕方着で行く事にした。朝少し遅めの時間に集合し、一旦沼津で高速を降りて沼津港を目指す。目的は沼津港の魚料理だ。一通り見て回って自分がいわし食べたかったので、いわし専門店の「磯はる食堂」で食べる事に。いわしづくしの料理を定食で堪能。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
食後、腹ごなしに展望水門「びゅうお」や沼津の魚市場(土曜なので残念ながら休み)を見学しつつ、時間を潰して掛川へ出発したのだが、途中でふと気づく。
あれ?ライトアップはするから遅い入場もOKだけど、庄屋屋敷の入場は夕方までなのでは??(汗)
確認するとどうやら入場は16時半まで。もしかしてやっちまったかも?と思いつつ、現地到着16時20分。門周りを急いで撮影して中に入ると、庄屋屋敷の門は既に閉まっている状態。一瞬諦め掛けたものの、室内庭園沿いの裏道に回るとギリギリ中に入れた。一通り室内を撮影し終わり、門側のカットが分からなかったので係のお姉さんに聞いたら、閉めかけた戸を開けて場所を教えてくれた。ありがとう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、花菖蒲や紫陽花なと、園内の花々を撮りまくる。春に新調したデジカメ(ニコンP330)のバッテリ持たなさ具合と突然フリーズに嫌気が差して、今回からカメラを新調(オリンパスSTYLUS1)していたのだが、細かい操作はよく分かってないので、撮ってはマニュアル確認しつつの撮影に。途中でジュースとお菓子のサービスなどもあり、陽もだんだん暮れて、19時頃から本格的に夜景モードでの撮影開始。明るいときはひ弱に感じていたLEDのスポットライトがかなり強力ですこぶるいい感じ。20時になり閉園。帰り際、加茂荘前の小川に蛍が出ると係の人が言ってたので探すと、親切な人が場所を教えてくれた。一匹だったけど、確かに薄黄緑にほのかに光る蛍の光を見る事ができた。帰りはSA1回休憩で直行だったのでほぼ2時間で帰ってきた。新東名が開通して以来、西への移動は本当に楽になったと思う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たまこラブストーリー 7週目@沼津

公開7週目に突入。第4弾特典としては2週目。どうせ見るなら特典貰える所で見ようと今週から始まる劇場を探してみると、シネマサンシャイン沼津が今週から開始。車で行くか、電車で行くか迷ったが、先々週の京都(岐阜)、先週の甲府と車続きだったので電車で行く事にした。でも、単に小田原で東海道線に乗り換えて行くのも芸がないので、御殿場線経由で行く事に。そう、特急あさぎりで史織ちゃんを見に行こうって算段だったのだが。。。前日からの大雨が朝になっても止まず、御殿場線は運休!泣く泣く駅で払い戻しの手続きをして、急行で小田原へ直行する事になった。

前日に購入済みのあさぎり3号のチケットだったのだが、、、運休案内の掲示板
2014-0607-110722539 2014-0607-112456407

小田原でJRに乗り換える際に、SuicaとTOICAはエリアを跨った利用はできない旨の看板を発見。最初意味が分からなかったのだが、車中で調べてみると要は改札を経由した乗り入れでないため、JR東日本とJR東海の間ではICカードでの料金精算ができ無い模様。小田原はPASMOで入場したから沼津で現金精算すればいいみたいだが、帰りに小田原で入場マークを消さないといけないらしい(東海エリアの沼津では消せない)。メンドクサイので熱海で乗り換える際に一旦改札を出て熱海までの料金をPASMOで支払い、沼津までの切符を購入した。PASMOもTOICAエリア単独だと使えるらしいが、在来線の熱海駅は東日本の管轄のため、改札で東日本の入場マークが入ると意味がないので。

2014-0607-125914180 2014-0607-125609881

沼津に到着。シネマサンシャインが入っているBiViは北口なので、北口に降り立ったのだが予想以上に閑散とした雰囲気。南口だと栄えているのかな。早速4Fのチケット売り場で前売り券を入場券に交換するが、上映開始まで時間があるので3Fのゲーセンで時間を潰す。THE 3RD PLANET ?聞いた事あるなぁと思い確認してみたら、ジオンはここの京都二条店の小隊所属だった。1クレだけ絆をプレイして劇場に戻って入場開始。あれ?入場者プレゼントどっちがいいか聞いてるぞw って事で縁遠かったたまこ&もち蔵を選択。自分の前の女性二人組みは両方セットで貰ってた。映画は左隣の親父が途中いびきかいたり、EDの綿毛が飛んでる途中で退席したりとかなりイヤな奴できわめて不快だったが、退場の際に男性客2人組みが良かったと感想を漏らしていたのがせめてもの救いか。帰りは小田原まで切符を購入して帰途についた。

沼津駅北口のBiVi、たまこは14:45、16:35の2回上映
2014-0607-133442226 2014-0607-133952153

3FにあるTHE 3RD PLANETというゲーセン、80席の7番スクリーンで上映
2014-0607-170909064 2014-0607-143717756

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第2章

2週間限定上映のため、気を抜いてると見逃してしまいそうなパトレイバーであるが、急遽会社帰りに鑑賞する事にした。上映開始時間ギリギリに到着。2本立ての最初のEPISODE 2は二課解体?を目論む警視庁上層部の嫌がらせにも負けず、オンボロなレイバーを動かすためにドタバタ対応する特車二課。最後のオチはやりすぎ感はあるものの、まぁ及第点。EPISODE 3は竹中直人がゲストの鉄拳アキラ。でもオチがなく、何がやりたいのか分からないのと、EPISODE 2であれだけ動かすのに難儀していたレイバーがジョギングしてたり、かなり興醒めな内容だった。7月に3章が公開されるがこのまま見続けるかどうか悩むところ。

2014-0605-184032755

たまこラブストーリー ローソン書き下ろしポストカード

ローソンでチケット予約する際にポストカード有り無しを選択できるようになっていたのだが、なぜかポストカード単独でも販売してた。Loppi端末で操作するまで気づかなかった(カタログにも出てなかった)のだが、メニュー画面では単独で注文できるようになっていたのだ。半信半疑で操作すると確かにポストカード単独で予約できたので、ローソンではチケットを購入せず、ポストカードだけ予約してた。まぁローソン分の予約開始時点でかなりの前売り券を持っていたのと、ローソン前売りは通常の味気ない印刷チケットだったのもローソンで前売りを買わなかった理由なのだが。で、本日ようやく引渡し日がきたので受け取ってきた。5人娘の着物姿書き下ろしが素晴らしい出来です。

2014-0604-200741959