あの夏で待ってる@小諸巡礼

たまこ劇場版を長野で鑑賞後、帰りがけに寄ってきた。最初は小諸駅に隣接した市営駐車場に止めるつもりだったが、ナビ画面に市街通行止めの表示が。確認すると市街地でお祭りをやっている模様。市街地に入ると確かに通行止めだったので、予定変更して懐古園の駐車場へ。小諸城址である懐古園は劇中での映画撮影のロケ地として登場した。一通り園内を撮影してから市街地へ移動。お祭りの日のせいか人がまばらだった懐古園とは打って変わって市街地はお祭り一色で人だかり。とても各カットを撮影していく雰囲気ではないが、ポイントだけ撮影して乙女湖へ移動した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乙女”湖”と言ってはいるが、どうみても人口池。周りには劇中でも登場した小諸市文化センターのほか、テニスコートなどもある総合公園だった。車を駐車場に停めてまずは乙女駅へ歩いていく。OPでとても印象的だった橋の下でイチカの髪がなびくシーンや、駅のホームに座った柑菜が物憂げに見上げるシーンはこの乙女駅が舞台だ。ちょうど電車が来るタイミングで無人駅とは思えない人だかりだったので、イチカのカットを撮影して時間をずらしてからホームへ。夕方だったせいかイメージが若干違うが椅子などのフォルムはそのまま。駅にはなつまちの巡礼ノートではなく、乙女駅自体の巡礼ノートが置いてあった。乙女湖に戻ってOPの美桜カット等を撮影して予定分は終了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なつまちといえば夏の入道雲と青い空が印象的で、この乙女湖から少し離れたところの県道139号線がその舞台なのだが、今回は日が暮れてきたので断念。次回再訪するとのき楽しみに取っておくことにした。帰りは上信越道は使わず、国道141号で清里を経由して中央道へ抜けるルートだったので、途中で長野新幹線の佐久平駅へ立ち寄った。なつまちのカットをいくつか撮影したけど、ここも次回再訪する時に来ないといけないな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。