スーパーGT第2戦富士

チェカパスを購入しているので、今年は富士のメジャーレースすべてフリーパスで入場できるのだが、富士のスーパーGTはとても混むとの評判だったので行くかどうか迷っていた。でもせっかくだから、まずは予選だけ行ってみて、良さそうであれば決勝も行くことにした。

でも駐車場代が1600円、予選終了後に一旦自宅に戻るとさらに1600円掛かる事が判明。サーキットで車中泊すれば1日分で済むらしいが、富士で車中泊するのも気が進まない。ということで、今回は試したかった電車で行くことにした。

シャトルバスは御殿場もしくは新松田(開成)から出ていて、本数は御殿場の方が多く、渋滞に嵌った場合の影響も少ないと予想されるが、如何せん御殿場からの電車が少ない。1時間に2本くらいしかない。一方、新松田の方はバスは1時間に2本だが、新松田に着いてしまえば本数は比べるまでもなく多い。渋滞に嵌っても寝てればそのうち着くだろうと言うことで、新松田からのバスを利用する事にした。

行きは予選は開成の7時発(始発)、決勝は新松田から10時25分頃の臨時に乗ったが、どちらも1時間程度でサーキットに到着。帰りも予選日は1時間半ほど掛かったものの、決勝日はきわめてスムーズで1時間程度で到着。決勝日は自宅に19時半には着いたのは驚きだった。また、富士急バスは基本座って行くことを念頭にバスを配車しているようで、お客が多いときは臨時を出してくれてる模様。もちろん急いで乗りたい人は乗車できるし実際にもいたが、電車と違って1時間以上掛かる時間の読めないバスに乗るのはお勧めできない。電車で行くと持ち物が制限されるのが最大のデメリットだけど、観戦中に車に戻る必要がないのであれば、途中寝ていけるし、これもアリだなと思った。

レースはカルソニックGTRがラスト3週でタイヤバーストでリタイヤ。ちょうどヘアピンで見てたので、目の前で車が停止するところを目撃する事となった。MOTUL AUTECH GT-Rは開幕2連勝。次のウェイトハンデがすごい事になりそうだが、快進撃はどこまで続くのか。