「BANDAI VISUAL CLUB」ポイントサービス終了

今年始めての投稿がこんなネタになるとは。ORIGIN4巻のシリアルを登録したときに知ったのだが、シリアルコード封入が3月31日まで、登録が5月31日までで、2017年末でポイント無効になって終了とのこと。最初は10%くらい付いていたと思うが、だんだんしょぼくなって最近は5%で発売翌月末を過ぎると一律10ポイントという舐めた設定になっていた事もあり、いつかは来るだろうなと思いながら最近ポイント登録してなかったので期限切れが気になっていたのも事実。履歴を見たら16年はORIGINの3巻しか登録してなかった。まぁ、それでも昔からの累積ポイントが5万近くあるので、今年中に何かのBOXでも貰って精算することにしよう。

広告

響け!ユーフォニアム2本編先行上映イベント

土曜日突発の用事が入ってしまい、開演時間に間に合うか微妙だったがなんとか間に合った。申し込み時に第1部(開演18:00)と第2部(開演20:30)を悩んで第2部に申し込んでいたのが幸いした。第1部だったら完全に間に合わなかった。

会場は昨年末にモナカの先行上映をした丸の内ピカデリーの別館。タイミング的あると思っていた劇場版Blu-rayの販売をしてた。京アニショップで予約してたものの特典欲しさに購入。特典は2期キービジュアルと劇場版Blu-ray発売の両面ポスターと劇場版公開時のキービジュアル片面の2枚だったが、購入時の案内では両面1枚との事だったがサービスなのだろうか。劇場版公開のポスターは公開時にAmazonの特典で貰ったので2枚目だ。

上映開始。イベントは1時間半の予定だったが、1話の上映にしては長いな?と思っていたが謎が解けた。1話は初回1時間スペシャルとの事。詳細は割愛するが、本編はOPカット、今回の上映用に特別に編集してあるとのことだった。ポニテの久美子はやっぱり可愛い。今は行われていない宇治の花火もスクリーンで見ると感慨ひとしお。早く10月になって本編始まって欲しいと思うものの、3ヶ月なんてあっという間に過ぎてしまいそうで複雑な思いだ。

16春イベント終了@艦これ

GW中に始まったものの全くの手付かずでGW終了。2回目の週末になってからようやく開始した今回のイベントだったが、新たに実装された基地航空隊の不具合などで何度かの延期を経てようやく終わった。今回も陸上型の敵が多く、U-511を持ってない自分は当然ロケラン持ってないわけで、始める前からテンション下がり気味。しかしながら救済策なのかU-511がこれまでで一番掘り易いところに配置された事もあり、早めの攻略を完了させて掘りに専念すべく、甲乙甲乙丙丙丙でクリアした。新規艦は攻略中に春風は出たが親潮は出なかった。

クリア後の掘りはE3-D,F掘りでU-511と伊401の2面待ちから始めて、平日3日ほどでU-511 3隻、伊401 1隻と順調。最後の週末はE7-D 47回目のS勝利で親潮ドロップ。ガシャン率は14/47で約3割だった。その後はU-511/伊401 掘りに戻って数回の出撃で1隻ずつ出たので、最後はE4で酒匂/雲龍狙い。昨晩、酒匂が出て喜んでたところ、今朝2隻目の酒匂が出た。ほんとに一度出ると出易い。

前回のイベントがレア艦大放出だったのに比べると今回は渋かったように思えるが、酒匂Getで前回のリベンジが出来た。2隻めの照月、秋津洲もドロップしたのでとりあえず改までは育てよう。

資源は掘り中に基地航空隊を使える場合は使って、空いた艦隊を遠征に回して回復に努めてたけど結構減った。減った総資源の1/3くらいはE7-Dの親潮掘りだったかもしれない。

新規艦娘
◾イベントクリア報酬: 神風(E3)、Pola(E5)、Iowa(E7)
◾イベントドロップ: 春風(E7ボス)、親潮(E7-D)
◾未所持ドロップ艦: 三隈、U-511(4隻)、伊401(2隻)、酒匂(2隻)

資材(燃料、弾薬、鉄、ボーキ、バケツ)
◾開始時    137850、132439、300000、96528、1528
◾クリア時  75243、76285、280732、77267、1303
◾掘終了時  28824、28742、286443、25756、1124

 

スーパーGT第2戦富士

チェカパスを購入しているので、今年は富士のメジャーレースすべてフリーパスで入場できるのだが、富士のスーパーGTはとても混むとの評判だったので行くかどうか迷っていた。でもせっかくだから、まずは予選だけ行ってみて、良さそうであれば決勝も行くことにした。

でも駐車場代が1600円、予選終了後に一旦自宅に戻るとさらに1600円掛かる事が判明。サーキットで車中泊すれば1日分で済むらしいが、富士で車中泊するのも気が進まない。ということで、今回は試したかった電車で行くことにした。

シャトルバスは御殿場もしくは新松田(開成)から出ていて、本数は御殿場の方が多く、渋滞に嵌った場合の影響も少ないと予想されるが、如何せん御殿場からの電車が少ない。1時間に2本くらいしかない。一方、新松田の方はバスは1時間に2本だが、新松田に着いてしまえば本数は比べるまでもなく多い。渋滞に嵌っても寝てればそのうち着くだろうと言うことで、新松田からのバスを利用する事にした。

行きは予選は開成の7時発(始発)、決勝は新松田から10時25分頃の臨時に乗ったが、どちらも1時間程度でサーキットに到着。帰りも予選日は1時間半ほど掛かったものの、決勝日はきわめてスムーズで1時間程度で到着。決勝日は自宅に19時半には着いたのは驚きだった。また、富士急バスは基本座って行くことを念頭にバスを配車しているようで、お客が多いときは臨時を出してくれてる模様。もちろん急いで乗りたい人は乗車できるし実際にもいたが、電車と違って1時間以上掛かる時間の読めないバスに乗るのはお勧めできない。電車で行くと持ち物が制限されるのが最大のデメリットだけど、観戦中に車に戻る必要がないのであれば、途中寝ていけるし、これもアリだなと思った。

レースはカルソニックGTRがラスト3週でタイヤバーストでリタイヤ。ちょうどヘアピンで見てたので、目の前で車が停止するところを目撃する事となった。MOTUL AUTECH GT-Rは開幕2連勝。次のウェイトハンデがすごい事になりそうだが、快進撃はどこまで続くのか。

ちはやふる 下の句

先月の上の句に続いて公開。上の句は上映直前まで前売り特典残っていたと思うのだが、上の句の評判が良かったせいなのか、海老名では下の句の前売りの特典がすぐになくなっていた。

上の句ですでに原作を再構成、改変していることは理解しており、1年の夏までのストーリーである事は予想していたが、まさか詩暢ちゃんが新の実家にまで現れるとは。原作至上主義でない限り、楽しめる内容だと思う。

劇場版 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~(2週目)

ユーフォの劇場版公開も2週目に突入。今週も海老名の初回は12:50と昼過ぎ。しかも2週目にして1日2回上映というなかなか厳しい状況。やはり総集編だからか。仕方ないので朝イチはまたMOVIX橋本に行くことにした。

橋本で8時の初回を鑑賞後、相模線で海老名へ戻る。10:50開始の「ちはやふる下の句」に間に合いそうだったので、車内でムビチケを削ってオンライン予約。こちらはなかなか盛況のようで、すでに残り数席だったが、幸運にも中央付近のシートが1席だけ空いてた。

海老名で「ちはやふる下の句」を鑑賞後、5分のインターバルで2回目のユーフォ鑑賞。久々の富山ブラックで昼食してから本日3回目のユーフォニアムを鑑賞した。何回見ても演奏シーンは惚れ惚れしますな。

コラボイヤホン視聴@ギブソンショールーム

ヤマハがタイアップしているユーフォニアムだが、なぜかONKYOからコラボイヤホンが発売される事になり、その視聴がショールームで出来るとの事。しかも視聴すれば特製クリアファイルがもらえるとの事だったので、2週目の劇場版ユーフォのチケット予約をしに海老名に行くついでに出掛けてきた。

場所は東京駅の側なのでもはやついではない距離だが、平日の夕方と言う事もあり、ガラガラだった。さっそく展示してあったONKYOのハイレゾプレーヤーでTV版サントラを視聴。このサントラはめずらしくハイレゾ版をダウンロード購入しているので、自宅環境とどのくらい違うかも興味のポイントだったが、一番気になっていたのは、三日月の舞のトランペットソロ付近で気になるノイズがどんな感じになるかだった。結果、やはり録音時に残ってしまったノイズは如何ともしがたく駄目だった。

肝心のイヤホン自体は素直な音質で好印象。ただし、自分はイヤホンよりもヘッドホンの方が好きなので買うかどうかはお悩み中。ほかのコラボ(ラブライブとかデルタ)はヘッドホンなのに、なんでユーフォはイヤホンなんだろう。

劇場版 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~(2日目)

2日目は関西に行くのかと思いきや、なぜか神奈川巡業となったユーフォの舞台挨拶。地元?の海老名に来ると言うことで、これは行かねばということで第1候補で応募してたら、D列のほぼ中央という抽選で当たったシートとしてはなかなかのポジション。

昨日の海老名での舞台挨拶がかなりがっかりな内容だっただけに、どうなる事が心配してたけど、こっちは海老名だからエビ反り?から始まり、パンフレットのキャラ紹介での小ネタ疲労などなかなか楽しめた。舞台挨拶はやはりこうでなくては。帰り際、出口にサイン入りポスターが掲示されているのを発見。舞台挨拶の上映終了後に間に合わせるなんて、なかなか気の利いた事をしてくれる。

劇場版 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~(公開初日)

新ピカの舞台挨拶の抽選が外れ、夕方のMOVIXさいたまが当選したため、朝イチはMOVIX橋本で見ることにした。本当はTOHOシネマズのポイントを貯めたいので海老名で見たいのだが、ふざけたことに海老名の初回は昼過ぎなので使えない。

内容は総集編と言う事はわかっていたものの、中二病の事もあってどうなるか気になっていたがそれを払拭する出来栄えだった。当然カットしている場面も多く、葵などは台詞無しという大胆な構成だったが、あれくらいしないと焦点がぼけてしまうし、良い編集だと思う。ライディーンのフルバージョンは先月のAnimeJapanで見てたが、まさか三日月の舞まで演奏シーンを増してくるとは思わず嬉しい誤算。さすがにオーボエソロはTV版同様カットされてたが、2期で重要な場面なので仕方ないところ。音楽もTV版を劇場用に再構成された物でサントラが楽しみだ。

橋本で2回見てからMOVIXさいたまへ京王線で移動。途中ピカデリーに寄って、特大POP等ないか確認したが、残念ながらエントランスを飾っていたのはテラフォーマーズ。まぁ総集編だしね。2Fのチケット売り場と、アニメイト側出口の大型ポスターだけ撮影して撤退。

さいたまではポップコーンセットを購入。ポップコーンを入れる紙袋に直接柄が印刷されているのではなく、普通の紙袋を特製カバーが覆う形になっていて、これは汚れなくて便利。売店が混雑してたので着席してすぐに上映開始。当日5回目の舞台挨拶ということもあってかなりネタ切れの様子。あまり印象に残らない普通の舞台挨拶だったが、北宇治カルテットが今年はアニサマに出るとの事で、ウェーブの練習?とかしてた。明日は朝イチで海老名だがどうなる事やら。

スーパーGT公式テスト@富士(2日目)

去年は月曜だったと思うが、今年は土日に行われる事になった公式テスト。入場料1000円だが、免許証がゴールドだと900円で入場できる。9時半の走行開始20分前に着いたのは、大井松田ICで降りた際に給油したからではなく単に寝坊したから。スケジュールは以下の通り。最後の体験走行というのは自分の車でサーキットを走る奴。当然先導車付きなのでレーシングスピードでは走れないから、体験といっても見える景色は全然違うと思うが。

  • 09:30~11:30 SUPER GT テスト走行
  • 12:30~13:00 オープンピット
  • 13:45~15:45 SUPER GT テスト走行
  • 16:00~17:00 体験走行

前半のテスト走行はコカコーラコーナーで今回購入した2倍テレコンのテストをしながら撮影。終了後、パドックをうろつくが、どのピットもパーテーションで中が見えないように仕切られてて面白くない。まあ、エントラント側の立場で考えれば、昼飯時だし当然だと思うけど。グランドスタンドでオープンピットを眺めつつ、チェカパスを買おうかどうか迷いながら昼飯。

チェカパスというのは富士のメインレース5戦分(GWと夏のスーパーGT2戦分、スーパー耐久、スーパーフォーミュラ、WEC)の前売り入場券で、合計金額の半額で販売する年間チケットだ。半額で14,950円なのだが、WECが1万近くする事を考えると、WECに行くなら買っておいた方がお得と判断して購入した。混むスーパーGTは今のところ行く予定ないけどどうしようかな。。。

後半のはヘアピン進入で撮ってからプリウスコーナーで撮影した。今回初めてテスト走行を撮影したけど、人もそんなに多くない、というか走行開始直前についても駐車場余裕です、とか美味しすぎる。日曜という事もあって混雑を覚悟してたのだけどかなり肩透かしをくらった感じ。