ちはやふる 下の句

先月の上の句に続いて公開。上の句は上映直前まで前売り特典残っていたと思うのだが、上の句の評判が良かったせいなのか、海老名では下の句の前売りの特典がすぐになくなっていた。

上の句ですでに原作を再構成、改変していることは理解しており、1年の夏までのストーリーである事は予想していたが、まさか詩暢ちゃんが新の実家にまで現れるとは。原作至上主義でない限り、楽しめる内容だと思う。

広告

劇場版 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~(2週目)

ユーフォの劇場版公開も2週目に突入。今週も海老名の初回は12:50と昼過ぎ。しかも2週目にして1日2回上映というなかなか厳しい状況。やはり総集編だからか。仕方ないので朝イチはまたMOVIX橋本に行くことにした。

橋本で8時の初回を鑑賞後、相模線で海老名へ戻る。10:50開始の「ちはやふる下の句」に間に合いそうだったので、車内でムビチケを削ってオンライン予約。こちらはなかなか盛況のようで、すでに残り数席だったが、幸運にも中央付近のシートが1席だけ空いてた。

海老名で「ちはやふる下の句」を鑑賞後、5分のインターバルで2回目のユーフォ鑑賞。久々の富山ブラックで昼食してから本日3回目のユーフォニアムを鑑賞した。何回見ても演奏シーンは惚れ惚れしますな。

コラボイヤホン視聴@ギブソンショールーム

ヤマハがタイアップしているユーフォニアムだが、なぜかONKYOからコラボイヤホンが発売される事になり、その視聴がショールームで出来るとの事。しかも視聴すれば特製クリアファイルがもらえるとの事だったので、2週目の劇場版ユーフォのチケット予約をしに海老名に行くついでに出掛けてきた。

場所は東京駅の側なのでもはやついではない距離だが、平日の夕方と言う事もあり、ガラガラだった。さっそく展示してあったONKYOのハイレゾプレーヤーでTV版サントラを視聴。このサントラはめずらしくハイレゾ版をダウンロード購入しているので、自宅環境とどのくらい違うかも興味のポイントだったが、一番気になっていたのは、三日月の舞のトランペットソロ付近で気になるノイズがどんな感じになるかだった。結果、やはり録音時に残ってしまったノイズは如何ともしがたく駄目だった。

肝心のイヤホン自体は素直な音質で好印象。ただし、自分はイヤホンよりもヘッドホンの方が好きなので買うかどうかはお悩み中。ほかのコラボ(ラブライブとかデルタ)はヘッドホンなのに、なんでユーフォはイヤホンなんだろう。

劇場版 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~(2日目)

2日目は関西に行くのかと思いきや、なぜか神奈川巡業となったユーフォの舞台挨拶。地元?の海老名に来ると言うことで、これは行かねばということで第1候補で応募してたら、D列のほぼ中央という抽選で当たったシートとしてはなかなかのポジション。

昨日の海老名での舞台挨拶がかなりがっかりな内容だっただけに、どうなる事が心配してたけど、こっちは海老名だからエビ反り?から始まり、パンフレットのキャラ紹介での小ネタ疲労などなかなか楽しめた。舞台挨拶はやはりこうでなくては。帰り際、出口にサイン入りポスターが掲示されているのを発見。舞台挨拶の上映終了後に間に合わせるなんて、なかなか気の利いた事をしてくれる。

劇場版 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~(公開初日)

新ピカの舞台挨拶の抽選が外れ、夕方のMOVIXさいたまが当選したため、朝イチはMOVIX橋本で見ることにした。本当はTOHOシネマズのポイントを貯めたいので海老名で見たいのだが、ふざけたことに海老名の初回は昼過ぎなので使えない。

内容は総集編と言う事はわかっていたものの、中二病の事もあってどうなるか気になっていたがそれを払拭する出来栄えだった。当然カットしている場面も多く、葵などは台詞無しという大胆な構成だったが、あれくらいしないと焦点がぼけてしまうし、良い編集だと思う。ライディーンのフルバージョンは先月のAnimeJapanで見てたが、まさか三日月の舞まで演奏シーンを増してくるとは思わず嬉しい誤算。さすがにオーボエソロはTV版同様カットされてたが、2期で重要な場面なので仕方ないところ。音楽もTV版を劇場用に再構成された物でサントラが楽しみだ。

橋本で2回見てからMOVIXさいたまへ京王線で移動。途中ピカデリーに寄って、特大POP等ないか確認したが、残念ながらエントランスを飾っていたのはテラフォーマーズ。まぁ総集編だしね。2Fのチケット売り場と、アニメイト側出口の大型ポスターだけ撮影して撤退。

さいたまではポップコーンセットを購入。ポップコーンを入れる紙袋に直接柄が印刷されているのではなく、普通の紙袋を特製カバーが覆う形になっていて、これは汚れなくて便利。売店が混雑してたので着席してすぐに上映開始。当日5回目の舞台挨拶ということもあってかなりネタ切れの様子。あまり印象に残らない普通の舞台挨拶だったが、北宇治カルテットが今年はアニサマに出るとの事で、ウェーブの練習?とかしてた。明日は朝イチで海老名だがどうなる事やら。